スクショを極めるんだ

Windowsのスクショを極めて効率化を図ろう。ScreenpressoとShareXと他のスクショツールの紹介をします。

Screenpressoで画像編集。「強調」を使いこなす!

紹介する機能

今日のメニューは強調です。蛍光ペンで塗る感じのエフェクトです。
f:id:kanaxx43:20200317074553p:plain

強調で作ったサンプル

f:id:kanaxx43:20200318073529p:plain

強調のいいところ

  • マーカーで線を引いた感じが出せる

使い方

強調マーカーのアイコンをクリックして、範囲選択(四角)を描くだけで置けます。マーカーは回転ができないので、水平・垂直の四角形の状態です。

描画オプションはたったの2つ!
f:id:kanaxx43:20200318073605p:plain

  1. 透過性

行ってみよう!

1. 色

ペンの色です。蛍光ペンっぽい色が4つデフォルトで用意されています。4色を重ねてみました。
f:id:kanaxx43:20200319002332p:plain

カラーパレットに透明がありますが、使い道がわかりませんでした。

2. 透過性

透過もいままでのものと同じです。ペンの裏の文字がどれだけ透けるのかです。10%~100%で指定します。

f:id:kanaxx43:20200319223308p:plain
青空文庫走れメロスより

上から100%、75%、50%、25%、10%です。四角形とは違い強調パーツの場合は100%にしても全く見えなくなることはないです。 ちなみに、四角形の描画でも同じことができる気がするので、マーカーの強調と四角形で分けているのはなんでだろうか?という疑問は残ってます。

まとめ

強調は機能がシンプルですね、わざわざ1ページ作って説明する内容でなかったかも。

強調で見つけました