スクショを極めるんだ

Windowsのスクショを極めて効率化を図ろう。ScreenpressoとShareXと他のスクショツールの紹介をします。

ScreenpressoでQRコードを読み込む

携帯のカメラで読むのは当たり前になってきましたけど、QRコードの画像を読む必要があるときにもScreenpressoが使えます。

QRコードの読み込む

QRコードのデコードの機能は、右下のアイコンの右クリックメニューからは出てこないです。 ワークスペースの下にある「キャプチャ」をクリックし指定領域のキャプチャーの横の三角マークをクリックすると出てきます。 f:id:kanaxx43:20200331215652p:plain

QRコードのデコードで起動します。 f:id:kanaxx43:20200331215859p:plain

いつもの十字マークが出てくるので、画面上にあるQRコードを囲みます。 f:id:kanaxx43:20200331200010p:plain

QRコードが解読されて、中身がクリップボードに書き込まれます。

いろんなQRコードを試してみる

QRコードは、このサイトから作りました。ありがとうございます。
ja.qr-code-generator.com


3種類のQRコードを実際に作って、Screenpressoで読んでみました。

URL文字列

URLは、HTTPSで始まる文字列です。まぁ、よくあるオーソドックスなQRコードの使い方ですね。

この記事のURLをQRコードにしてみます。 URLを入れて、「QRコードの作成」ボタンを押すだけです。 f:id:kanaxx43:20200331223633p:plain

QRコードが作られます。
f:id:kanaxx43:20200331223723p:plain

ScreenpressoのQRデコード機能でURLな文字列を読み込むと、デフォルトのブラウザが自動的に開きます。
URLを読み込んだときにブラウザを開かないようにするには、「設定」メニューの「高度の設定」にある「QrcodeOpenBrowser」の設定をFalseに変えます。
f:id:kanaxx43:20200331222523p:plain

テキストデータ

テキスト情報を詰め込んだQRコードを作ってみます。
f:id:kanaxx43:20200331215507p:plain

テキストデータのQR
f:id:kanaxx43:20200331220457p:plain

テキスト情報がクリップボードにコピーされるので、メモ帳に貼り付けてみるとこんな感じになります。
f:id:kanaxx43:20200331221208p:plain

Vcard

Vcardはデジタル名刺みたいなものですかね。名前や住所など名刺に載るようなデータを決まったフォーマットで文字列化したものです。
架空の情報でQRコードを作ってみます。
f:id:kanaxx43:20200331215429p:plain

VcardQR
f:id:kanaxx43:20200331220507p:plain

このQRコードを読み込むと、同じようにテキスト情報がクリップボードに入ります。メモ帳に貼り付けて内容を確認してみます。
f:id:kanaxx43:20200331221256p:plain

まとめ

今回はScreenpressoを使ったQRコードの読み方でした。PCの画面に映ったQRコードを、iPhoneで読みPCにメールで送るような回りくどいことをしていたとしたら、使い道はありそうですね。

QRコードリーダーをAmazonで見つけました!