スクショを極めるんだ

Windowsのスクショを極めて効率化を図ろう。ScreenpressoとShareXと他のスクショツールの紹介をします。

Screenpressoをインストールして、使いやすい設定をしておく

ブログ作成やマニュアル作成に便利な、キャプチャー取得&加工のソフトScreenpressoをインストールする方法です。 手抜きして書かずに進めてきましたが、ちゃんと書いておきます。

まずはダウンロード

Screenpressoのサイトに行って、プログラムファイルをダウンロードしてきます。
https://www.screenpresso.com/ja/


たぶん、自動的に日本語バージョンのサイトに切り替わります。日本語にならない場合は、右上のアイコンから日本語に切り替えることができます。
f:id:kanaxx43:20200328165958p:plain

ダウンロードボタンを押します f:id:kanaxx43:20200328171015p:plain

次のページでダウンロードするバージョンの確認ができます。
2020年3月28日時点だとバージョン1.7.16.0が最新のバージョンです。もう一回、ダウンロードボタンを押します。
f:id:kanaxx43:20200328171020p:plain

次は、メールアドレスの入力画面が出てきます。
これはメルマガやアップデートの案内が来るメールです。メールが不要な人は左下のスキップをクリックすればダウンロードへ進みます。
f:id:kanaxx43:20200328171202p:plain

ダウンロードが始まります。自動でダウンロードが始まらない場合はリンクをクリックすればOKです。
f:id:kanaxx43:20200328172152p:plain

インストール

ダウンロードしたファイルを実行(ダブルクリック)するとライセンス画面が表示されます。記載の内容をよく読んで同意した場合だけ先に進みます。

と、ここでScreenpressoは2種類の起動方法があります。 f:id:kanaxx43:20200328190437p:plain

1. インストールして使う場合

コンピュータにインストールして使う場合は、左のボタンを押します。インストールを完了すると、以下のフォルダにプログラム一式が置かれます。 C:\Users\xxx\AppData\Local\Learnpulse\Screenpresso\

インストールすると、PC起動時に自動でScreenpressoを立ち上げることができます。

2. インストールしないで使う場合

上の画面で右の2のボタンを押すと、インストールしないでScreenpressoを立ち上げることができます。インストールした場合としなかった場合の機能的な差はありません。
特別の理由がないかぎりはインストールして使うのがいいと思います。会社のルールでプログラムファイルのインストールが禁止されていたり、あまり利用頻度が高くない場合には、インストールしなくてもいいかもしれません。

インストールしない場合には、PCを立ち上げたときにScreenpressoは起動しないので右下にはいません。使いたくなったら、「利用許諾画面を表示→承諾→実行」と手順を踏みます。

使いやすい設定をしておく

この先はインストール後の作業です。
インストールした直後だと、Screenpressoが立ち上がってるか分かりにくい状態なので、Windowsの設定をちょっといじっておきます。

通知エリア(タスクトレイ)に表示する

f:id:kanaxx43:20200307102005p:plain

Windows起動時にScreenpressoが自動起動してくれるのですが、タスクトレイ(画面右下エリア)にアイコンが表示されません。右下アイコンから起動することも多いので常に表示するようにWindowsの設定を変えておきます。

設定方法

Windowsのキーを押し、「せってい」と入力し設定アプリを開きます f:id:kanaxx43:20200307102612p:plain

設定アプリに「アイコン」と入力して、「タスクバーに表示するアイコンを設定します」を選択します f:id:kanaxx43:20200307102700p:plain

Screenpressoのアイコンが非表示になっていたら、ONに切り替えます f:id:kanaxx43:20200307102725p:plain

これで、右下エリアから簡単にScreenpressoを開くことができるようになります。
右下アイコンを左クリックするとワークスペースが開き、右クリックするとメニューが開きます。

Screenpressoワークスペース
f:id:kanaxx43:20200307115813p:plain

Screenpressoの右クリックメニュー
f:id:kanaxx43:20200307115836p:plain

画像ファイルをScreenpressoで開きやすくする

Screenpressoのワークスペースにない画像ファイルを、Screenpressoの画像編集エディタで開きやすくする設定をしておきます。紹介する3つを全部やる必要はないので、使いやすいようにやってみてください。

1.デスクトップにショートカットを置く

デスクトップにショートカットアイコンを置くと、Screenpressoで作った画像以外でもScreenpressoの画像編集エディタが使えます。Screenpressoの魅力の75%はこのエディタにあるので、簡単に使えるようにしておきます。

設定方法

WindowsのメニューからScreenpressoを探します。探したら右側のアイコンを右クリックし、「ファイルの場所を開く」を選択します。 f:id:kanaxx43:20200330215901p:plain

エクスプローラが開いて、Screenpressonoショートカットアイコンがあるはずです。これをデスクトップにコピーしておけばOKです。
f:id:kanaxx43:20200330220229p:plain

デスクトップにおいたScreenpressoのアイコンに、画像ファイルをドロップすると
f:id:kanaxx43:20200307120924p:plain

Screenpressoのエディタが開き、編集ができます。
f:id:kanaxx43:20200307121001p:plain


右クリック>送る で起動

送るに入れておくのも便利です。

設定方法

Windowsの送るフォルダにショートカットアイコンをコピーするだけです。送るフォルダはWindows10の場合はここにあります。
C:\Users\xxx\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo

これで、エクスプローラで画像ファイル右クリックして、送るから開くことができるようになります。

送るからScreenpressoを起動する
f:id:kanaxx43:20200307122812p:plain


コンテキストメニューで開く

送ると同じですが、「プログラムから開く」メニューでも、画像ファイルを右クリックで開けるようになります。

設定方法

エクスプローラで画像ファイルを右クリックし、「プログラムから開く」メニューを選択します。

プログラムから開くの例
f:id:kanaxx43:20200307121801p:plain

ここにScreenpressoのアイコンがあれば、クリックするだけです。Screenpressoが出ていないときは、別のプログラムを選択でScreenpressoを探しましょう。

まとめ

今回はインストールとその後の設定までの方法を紹介しました。右下のアイコンの表示は出しておいたほうが便利なのでおススメです。

[asin:B085HBRS5D:detail]